シビックプライドの醸成

シビックプライドの醸成

写真を使った活動により、新たなコミュニティが育っていく

活動の中で地域の魅力を発見し、人間関係が楽しくなる

緊急時に強いまちづくりを目指すには、街の中に緩やかで多様なコミュニティが存在していることが重要です。

理想的なコミュニティは、楽しむことを通じて生まれたコミュニティであり、以前はお祭りがその役割を担っていました。
写真プロジェクトはその役割を担っています。

写真を通じて、住む街に興味を持ち、互いの写真を見ることで、新しい多様な視点に気づき、コミュニティが活性化していきます。
かつ幅広い年齢層のコミュニティも生まれていくことにより、気づきや喜びが生まれ、コミュニティの継続性となり、やがてはシビックプライドの醸成へと繋がります。

写真が向上していく、認めてもらえることにより、永続していく、サスティナビリティな地元コミュニティを作ること、地方の広報にも繋がります。

現在プロジェクト進行中の地域

富山市

2014年に弊社代表テラウチが富山市の政策参与となり、以降フォトプロジェクトを継続して行っている。

「AMAZING TOYAMA写真部」の撮影した写真を起用したポスターは日本の屋外広告賞「ジャパン・シックスシート・アワード2018」において、コンバースジャパン、大塚製薬に次ぐ第3位を獲得した。

小学校での写真を通じた教育プロジェクト、北陸最大の写真イベント「フォトキト」の実施など、市民参加型のフォトプロジェクトの成功例として高い評価を得ている。

金沢市

2020年より「かなざわのわフォトプロジェクト」をスタート。地元市民による「金沢写真部」を結成。

講座、撮影会の開催、金沢・東京での写真展の開催などを実施した。

郡山市

2018年よりスタート。講座、撮影会を通して、郡山の魅力スポットをまとめた、フォトマップを制作。

過去事例

これまでに、秋田県小坂町、山口県萩市、長野県駒ケ根市、福島県白河市、長崎県東彼杵町、静岡県下田市、香川県小豆島など、全国各地の自治体と連携し、写真を通じた地方創生の取り組みを続けてきました。

東彼杵町

2015年、代表テラウチが「東彼杵町アートアンバサダー」に就任。地域住民と連携し、撮影会、写真展、フォトマップの作成など、様々な取り組みを実施。

下田市

地元に住む市民から「下田写真部」を結成。県外からの参加者と合同による、魅力の撮影スポットを巡り、フォトコンテストを行う大規模撮影会を実施。

小豆島

小豆島カメラ、オリンパス、写真家MOTOKO氏と連携し、PHaT PHOTO、Have a nice PHOTO!に取り組みの様子を掲載。島の魅力を写真を通して発信した。

駒ケ根市

駒ケ根に住む地元の市民が集まり「こまがねを美しく撮り隊」を結成。撮影会で撮られた写真でフォトパンフレットを作成。各地に配布された。

シティプロモーション

シティプロモーション

動画再生

どこ行く?なに撮る?カメラ旅!

①いま訪れてほしい観光スポットを1日の流れで紹介
②写真の撮り方を紹介することで撮影のイメージを醸成
③撮るだけでなく食べる、泊まる、遊ぶ、自由なカスタマイズ
④ご当地物産が当たるプレゼントキャンペーンも実施

①いま訪れてほしい観光スポットを1日の流れで紹介

実際の観光をイメージした行程を作りますので無理せず、旅行者は旅先での時間を楽しむことができます。

②写真の撮り方を紹介することで撮影のイメージを醸成

撮影テクニックを紹介し「いつ」「どこで」「どうやって」写真を撮ればいいかが分かる現地撮影への安心・興味を湧かせます。

③撮るだけでなく食べる、泊まる、遊ぶ、自由なカスタマイズ

フォトスポットだけではなくお食事や宿泊施設の紹介も可能。
ただ撮るだけでなく、1泊2日/2泊3日を想定したフォトプランを体感できます

④ご当地物産が当たるプレゼントキャンペーンも実施

動画の公開と合わせて視聴者には各自治体の観光物産が抽選で当たるキャンペーンも実施。動画を見るだけでなく、自治体の観光物産に触れられる、
コロナ禍でもPRにお手伝いに協力いたします。

その他事例

各自治体さまの課題にそってご協力させていただきます

関係人口拡大-東川町株主制度紹介動画

東川町を訪れよう。「人」篇
~住む人たちが語る魅力~

東川町の魅力を、この町で暮らす「人」を通してお伝えします。人口が増加し続ける町、東川町はなぜ魅力的なのか?町で暮らす人々の言葉とともに紹介するYouTube動画です。

東川町を訪れよう。「滞在」篇
~家族で過ごす東川町の夏~

東川町のふるさと納税の仕組みを紹介した動画。ふるさと納税の返礼品として選ぶことができる「東川暮らし体験館」への宿泊を体験を紹介するYouTube動画です。